ええっ?そんなことで破談!?

2018年09月24日(月)3:07 午後

本当に稀にですが、

せっかくいい感じでプロポーズまで進んだのに、

今までの苦労が水の泡になってしまったことがあります。

 

 

その時は、女性側の「お父さん」が原因でした。

 

お父さんは、昔からの夢、というか冗談で、

「お嬢さんを僕にください」と言われた時に

 

「お前なんかに娘をやれるか!」と怒鳴って部屋を出る、

 

というドラマ(と自分だけ思っている)を、

一度でいいからやってみたかったのです。

 

で、まさかの本番で、

その通りやっちゃいました。

 

 

そうしたら、その彼氏、

「・・・わかりました。もういいです。この話はなかったことにしましょう」

とひとこと告げて、帰ってしまったのです。

 

 

元々女子の方から猛アプローチをかけて、

ようやくこぎつけた、二度とはないような、いいお話。

 

もう、彼女が彼に謝るだけではらちが開かなくて、

お父さんは、お母さんや彼女に責められて、シュン…

 

 

結局、お父さんが男性の家に直々に謝罪に行ったのですが、

時すでに遅く、

「ご家族とうまくやっていく自信がありません」

 

とのことで、気持ちが戻ることはありませんでした。

 

 

今時の男性は、職場でも学校でも、父親にさえ、

一度も怒られたことがない、という場合があります。

 

昭和のお父さんには、

ぜひその辺りを頭の片隅に入れておいていただきたいものです。

 


  |  

その他ブログ

    • カテゴリーなし

過去の記事

▲TOPへ戻る